栽培棚の撤去

既存の栽培棚の撤去の様子です。

解体業者に見積もりをお願いすると、予想外に高かったので自らの手で撤去。

20190731_2917127.jpg

 

当初はサンダーで切断。

続いてレシプロソーを投入。

 

要所要所を切断して、部屋から運び出していましたが、結構手間がかかる。

20190731_2917129.jpg

 

そこで最近流行りの「NHKをぶっ壊す」じゃないけど、「ハンマーで叩いてぶっ壊す作戦」も決行!!

 

下の部分はなんとか解体できたけど、上の部分がどうにもこうにも…。

20190731_2917131.jpg

 

 

とりあえず部屋中央の棚を撤去した後、転倒させてハンマーでぶっ壊すことにしました。

20190731_2917135.jpg

 

20190731_2917139.jpg

比較的順調に進んできた撤去作業ですが、最後の最後でハプニング発生。

棚を転倒させるところで、「水道管をぶっ壊す」

これは余計でした。

(写真はありません)

 

20190731_2917137.jpg

 

撤去完了の部屋です。

これまでの棚は壁にべた付けだったので、なかなか洗浄できませんでした。

20190731_2917141.jpg

これを機に、壁も床も磨く磨く。

ついでに高圧洗浄機も購入してみた。

20190731_2917147.jpg

心機一転、美味しいきのこづくりに邁進します。


きくらげ入りヘルシー酢の物

20190726_2913323.jpg

きくらげを使った酢の物のご紹介。

これから暑さ本番!

さっぱりと酢の物でクールダウンしてみては!!

 


Cpicon きくらげ入りヘルシー酢の物 by 愛媛きのこの郷

 


きくらげの下処理

 

 

Cpicon 生きくらげ 下処理方法 by 愛媛きのこの郷

 

 


きくらげの販売開始

先日から収穫から始まったきくらげ。

しめじ用の深いパックに入れて出荷しています。

 

当初は石づき(おが屑がついている部分)を切り落として出荷していましたが、やはりつけたまま出荷することとします。 

IMG_5567.jpg

 

しいたけのような選別が不要なので効率がいいですね。

 

 

 


きくらげ

きくらげの発生が始まりました。

 

きくらげ菌床の製造販売は古くから取り組んできたのですが、栽培スペースに余裕がなくて実際にキノコを発生させるには至りませんでした。

今回はきのこを発生させて販売まで行うことで、栽培や流通に関するノウハウを確立したいと思います。

IMG_5565.jpg

まだまだわずかではありますが一部の産直にて販売します。


栽培棚

注文していた栽培棚の部材が到着しました。

とりあえずの40台分。

IMG_5556.jpg

これから組んでいきます。

出来上がりを見て、残り500台強、同じものを注文するかあるいは別の物を検討するか。


しいたけ料理イメージ

料理のイメージ画像を作りました。

左上より時計回りに
しいたけとベーコン、ピーマンを塩胡椒で炒めたもの、
肉厚しいたけを梅肉とシソと豚肉で巻いて焼いたもの、
串にさして、おでんの具にしたもの、
カサが開いたしいたけを肉詰めにしたものです。
美味しそうに見えますか 笑)


意識

何事においても意識するって大事だな、とつくづく思います。

産直から通販に振り分けたい、と意識してページを作ってなんと早くも注文が入り始めました。

 

ありがたいです。

 

まだまだ未完ページで、伝えたいことはたくさんあるのに、少しも表現できていない…。

これから改変していこうとしてる矢先に、みなさまありがとうございます!

 

大きな意識で仕事に取り組んでいきます!

 


<< | 2/16PAGES | >>

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

表示中の記事

カテゴリー

バックナンバー

コメント

おすすめ商品

リンク

管理人プロフィール

記事検索

その他

モバイル

qrcode