発生管理〜最適な場所に置く〜

水洗いが終わったら、いよいよ栽培開始です。

菌床をトレーに載せてください。

 

直射日光のあたらないところに置いてください。

にょきっとは上下反対にして置いてください。

置き方の詳細について、まずはこちらの記事をお読みください。

 

乾燥する時期は、付属のポリ袋をかけてください。袋は自立しませんので、菌床の四隅に割り箸などを立てて支柱の代わりとしてください。

湿度を維持することが目的ですので、袋に限らず段ボールや発泡スチロールの箱を利用しても構いません。

ただし、いずれにしても決して密封しないでください。しいたけが窒息してしまいます。

 

空気穴を開けるか、もしくは1日に1回くらいは袋をあけて新鮮な空気と交換してください。

なお、季節によっては袋を被せなくてもきのこが生育してきます。

菌床表面を触ってみて、しっとりと指先に湿り気を感じる状態を維持してください。


コメント
コメントする








   

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

表示中の記事

カテゴリー

バックナンバー

コメント

おすすめ商品

リンク

管理人プロフィール

記事検索

その他

モバイル

qrcode