愛媛産菌床生しいたけ 1kg

今週から動き出した感のある生しいたけの通販。

写真は本日の発送用に準備したものです。

 

無選別の1kgということで、「3僂ら5僂らいの大きさでつぼみや開きなどいろいろ混じる」と商品説明には記載しているのですが、実際のところつぼみが主になっています。

お客さんの感想を聞くまでは、これで満足していただけるのかどうかかなり心配していました。

でも、割と評判はいいみたいです。

これからはしいたけ栽培キットにょきっとの注文数も上がってくるはず…。

たくさんの注文をお待ちしております。

 


乾燥しいたけスライス

東京のショップからリピート注文をいただきました。

注文間隔が短くなってきたようです。

秋からはもっと売れる!と勝手に予測しています。


乾燥しいたけ

乾燥を終えたしいたけです。
綺麗に仕上がりました。

 

 


乾燥なめこのパスタ

乾燥なめこを用いた料理をいろいろ試しています。

今回はパスタ。

オリーブオイル、にんにく、ベーコンとともに乾燥なめこを炒めます。

 

近所の農家さんからいただいたほうれん草も投入。

 

炒めるだけだとこんな感じ。

乾燥しいたけを使用するときのような、いわゆる水戻しの時間はとっていないので、もしかしたらバリ固の可能性あり。

 

というわけで水を投入、ついでにコンソメを少々。
見た目はあんまり変わらず。

 

パスタと合わせて出来上がり。


全体的にとても美味しくいただけました。
なめこに関しては、鮮やかな黄金色が退色してしまうのは少々残念ですが、コリコリとした食感とほどよい味香りを楽しめました。
このレシピはアリです。


乾燥なめこ

乾燥なめこの美味しい食べ方を教えてください。


乾燥しいたけ

ただ今、スライサーをフル稼働して乾燥しいたけを製造しております。

↓の写真は、丁寧に収穫した比較的大きめのしいたけをスライス加工したところです。

学校給食の現場で、菌床しいたけの乾燥品が使用される割合が高まっているようです。

 


にょきっとの置き方について

皆様、大変ご無沙汰しております。

半年の一度のブログ更新でございます。

 

今日はマラソンネタ…ではなくて、商品の話しです。

 

おかげさまで、当店のにょきっとがどうにか売れるようになってきました。

合せてどうしてもお伝えしなければならないことが浮彫になってきましたので、当ブログでもご案内させていただきます。

 

にょきっとを静置する際の向きについて。

 

培養の特性上、にょきっとは下部から多くのきのこが生える傾向にあります。

 

ですので、にょきっとを静置するときは上下を反対にして静置してください。

 

順向きに置いた場合、にょきっとの下部から出た芽はまだしも、底部から出た芽は綺麗なきのこにはなりません。

どうかご注意ください。


愛がある

この冬の新作。季節限定品。
ハート型のしいたけの詰め合わせ。



1,000,000円から。

| 1/1PAGES |

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

表示中の記事

カテゴリー

バックナンバー

コメント

おすすめ商品

リンク

管理人プロフィール

記事検索

その他

モバイル

qrcode