北海道マラソン2 トレーニング編

とにかく夏場は走り辛くて、例年はランも敬遠気味。ちなみに昨年8月の月間走行距離はわずか5劼任靴拭

 

さすがにこんな調子で本番を迎えると地獄を見ることは明らか。

 

退院してから約半月後にゆっくり走ったのを皮切りに、5劼らいの距離を体調を考えながら走ることを繰り返しました。最初のうちは、それほど激しくないジョグ程度の速さで走っても、軽いめまいを感じたり、走ったあとには立っているのがしんどいくらいの吐き気を感じました。他に気になったのは、首の後ろがミシミシと音を立てることでした。この現象は、風邪をひいたり熱を出した後の病み上がりのランのときに感じたことがありました。不安でしたが、いずれは改善されるものと信じていました。

 

事実、7月の中ごろを境に、上記の現象は徐々に感じなくなっていきました。ただし、左目の奥がランのテンポに合わせてミシミシと音をたて、痛みを感じることが続きました。

 

この音と痛みが気になり、速いペースでのランは控えることにしました。本番でもムリをしないように決めました。結局この現象は本番まで改善されませんでした。

 

欲張って、暑さ耐性と持久力を一度に獲得しようと、30℃を超える昼の日中に30キロ走に挑戦しました。しかし、1周5キロの河川敷は2周で、1周2.8キロの池田池は7周で戦意喪失するなど、9回のチャレンジのうち8回が途中棄権に終わりました。

脚に疲労が蓄積して走れなくなるのではなく、気力が萎えて走るのをやめてしまうという感じで、その原因としては体調がよくないのか、あるいは飲んでいる薬を疑ったりもしました。当然暑さのせいもあるかもしれない。この段階では走れない原因がよくわからず、ランのたびに自信を喪失していきました。

 

本番2週間前にして、池田池1周ごとにペットボトルに詰めた冷水をかぶりながら、3時間近くかけてなんとか30キロを完走しました。しかし、これとて果たして脚に効いているのかどうだか疑問で、ただ30キロを走ったという事実を積み上げただけの感じがしてなりませんでした。

ちなみに今年の愛媛マラソンの直前には2時間30分で走っているので、走力不足も明らかでした。

290913.jpg

6月の月間走行距離は60キロ、7月は180キロ、8月の本番までは158キロでした。

30キロが上述のとおり1回、15〜20キロの距離は4回走ったのみで、あとは3〜12キロ未満の短いランでした。

 

本番では、30キロ走ることができればよい方なのかな、と思うようになりました。

 

 

 

 

 

 


北海道マラソン1

ちょっと間が空いてしまいました。

 

当ブログでも記載のとおり、8月27日、北海道マラソンに出場してきました。

 

初めて夏の大会に挑むにあたり、3か月前からのトレーニングを計画していました。しかしながら、不覚にも5月末に入院することになりました。体調の回復とそれに合せたトレーニング、しかも夏場ということで、本来の計画通りにトレーニングを積むことができず、不安のまま本番を迎えることになりました。

 

今、本番を終えて振り返ってみるに、やりきった、あるいは出し切った充実感があるわけでもなく、結果も特筆すべきものではありません。しかし、この大会で、失っていた自信を取り戻すことができ、それまで抱いていた健康不安を払拭することができました。

 

とても実りある大会でいい経験ができたと思っています。

 

せっかくですので、いくつかの項目にまとめて記していこうと思います。

 

 

 

29083106.jpg

 

 

 


見学会 2017

8月23日。

5組のご家族に参加いただき見学会を行いました。

見学会そのものは初めてではありません。これまでに何百人、何千人?と受け入れてきました。

 

ただ、今回は趣旨が少し異なるかなぁ。

 

これまでの仕事を振り返りつつ、自分達の使命とは果たしてなんなんだろう?と考えたとき、3つの項目が浮かびました。

 

1つは、機能性に優れた食品供給を通して皆様の健康のお役に立つこと。

1つは、日本の農業のお役に立つこと。これは、良質の菌床の安定供給を通して、各生産者さんの活動にわずかながらでも寄与しているとの自負からです。

それからもう一つ。学生、生徒あるいは子どもたちの理科教育に貢献すること。この理由としては、娘たちが小学校に通っていることもありますが、なによりも新居浜工業高校や新居浜高専などと連携した仕事がずっと継続していることが大きいです。

 

昨日の見学会は、上記の3番目の項目を意識してのもの。だから、これまでのように、きのこの栽培現場を見せて、栽培手順を説明してはい終わりではなくて、関連する自然科学分野として微生物の話しをしました。

 

子ども達、そして親御さん達が満足してくれたのかどうか、今の段階ではよくわかりません。

でも、こういった活動は今後も続けていきたいと考えています。

 

 

今回は平日となりましたが、見学会を日曜日にすれば遠方から来られる方もいるかもしれない。

新居浜には科学博物館もありますからね。


工場見学

9日。

中学になる子どもがきのこに興味を示し、自由研究の課題としたいので見学させてほしいとの依頼がありました。

そこで見学会とは別に個別に対応させていただきました。

わざわざ松山から来られたとのこと。思い返せば、昨年か一昨年も同じようなことがありました。

 

お子さんの興味とそれに応えようとする親御さんの熱意、全力で応援したいと思います。

 


茨城県立大洗高校マーチングバンド部 2017

8月8日。

今年も来てくれました。

大洗高校のマーチングバンド部。

 

初めて見たのは2年前。蒸し風呂状態の船木中学校体育館。

きびきびとした動きと大迫力の演奏に感動した。

あのとき1年生として紹介されていた生徒達が、3年生になって部を引っ張ってるんだなぁ。

 

演奏は期待通り素晴らしくて、ホント涙が出てきて止まらない。

 

コーラスは「糸」と「ありがとう」

「糸」は、今年のピアノ発表会で娘と嫁が連弾した曲だったので楽しみにしていたのですが、急きょ変更になったのは少し残念でした。

「ありがとう」は、連弾曲を決める際に毎回候補に挙がる曲。そして、嫁曰く「私の葬式に流してほしい」と依頼されている曲でもあります。ま、嫁の方が先に逝ってしまうなんてことは絶対にありえないと心の中では思っていますけどね。

美空ひばりメドレーでは「みだれ髪」を聞きたかったなぁ(笑)

 

こんなにも素晴らしい演奏が新居浜で見れること、関係者の方々、そしてなにより大洗高校の皆様に感謝です。

来年も是非来てください!!


「にょきっと」が出来るまで6

動画で見る「にょきっと」ができるまで。

いよいよ最終となりました。

 

今回は種を植えているところです。

 

菌床袋が開くと同時に種菌が落下しているのがお分かりいただけるかと思います。

隣に移動した後、シールをして接種完了となります。

 

先日の釜だしと今回の接種は、無菌的な工程となり、立入を制限した部屋で作業を行っていますので、通常の工場見学会ではまずお見せすることのないシーンです。


「にょきっと」が出来るまで5

殺菌釜は、施設の壁を貫く形で据えられています。

 

高圧蒸気による殺菌が終わると、菌床を入れた側とは反対側の蓋を開けて台車を引っ張り出します。

殺菌済み菌床が外気に汚染されることなくクリーンルームに入る仕組みです。

 

蓋を開けた瞬間に高温の蒸気が部屋に吹き出します。

 

700キロを超える台車を4台出した後に蓋を閉めて外に出ると、例え外気温が30℃を超えていたとしても、秋の気配を感じることができます。


栽培工場見学会のご案内

突然ですが…

夏休みの企画として、きのこ栽培現場の見学会を開催することにしました。

 

もっともっと きのこのこと、ついででいいので私たちのことも知ってもらおう(笑)との想いからです。

参加申し込み、問い合わせは電話かメールでお願いいたします。

募集は先着順となっております。定員に達した時点で募集を締め切らせていただきます。

ご了承ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 


| 1/16PAGES | >>

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

表示中の記事

カテゴリー

バックナンバー

コメント

おすすめ商品

リンク

管理人プロフィール

記事検索

その他

モバイル

qrcode