芽かき

25日に見学予定の4号生育室から芽が出始めました。


菌床の搬入

昨日、全ての菌床を部屋から出して水洗いを行いました。

明日にかけて約2,000個の菌床を搬入します。


見学会に向けて

来週25日に迫ってきた地元中学校の見学会。

ローテーションからすると、現在、菌床を運び出している4号室で1回目の発生をお見せすることになりそう。

当日まで、この部屋の様子を公開していくことにします。

 


風邪

先週の金曜日にのどに痛みを感じた。

土日と普通に過ごしたのだが、月曜日に風邪ひいたと認識。

その日の晩に発熱したので、これまでのパターンからすると遅くとも水曜日には完治する、と見込むも…。

 

実際のところ、昨日の木曜日が最もしんどいという、これまでになく長引いた感じ。

本日ようやくダルさが無くなった。

 

年をとると風邪も治りにくくなるのですか?


愛媛産菌床生しいたけ 1kg

今週から動き出した感のある生しいたけの通販。

写真は本日の発送用に準備したものです。

 

無選別の1kgということで、「3僂ら5僂らいの大きさでつぼみや開きなどいろいろ混じる」と商品説明には記載しているのですが、実際のところつぼみが主になっています。

お客さんの感想を聞くまでは、これで満足していただけるのかどうかかなり心配していました。

でも、割と評判はいいみたいです。

これからはしいたけ栽培キットにょきっとの注文数も上がってくるはず…。

たくさんの注文をお待ちしております。

 


収穫

芽が出たと安心したのも束の間。春や秋の気候に近い条件下では、ぐんぐんきのこが成長してくることでしょう。

 

傘が開き始めるころが収穫のタイミングです。

大きくなったものから順番にカッターやはさみを利用して収穫してください。

 

菌床を傷つけないように注意してください。

 

菌床に軸が残らないように、なるべく根本から切り落としてください。軸が残っていると、そこにカビが付着するかもしれません。

 


発生管理〜結露に注意〜

袋を被せて栽培を行っていると、菌床の内部から出てくる水蒸気が袋の内側につき、水滴となってしたたり落ちてきますので注意してください。

栽培中の湿度が高すぎると柔らかいしいたけに育ちます。

反対に湿度を低め維持して栽培すると固めのしいたけが生育してきます。

 

栽培環境の違いが質にどのように影響するかを観察するのも面白いかもしれません。

 

 

 


発生管理〜芽かき〜

栽培を開始してから5日もすれば芽が出てくると思います。

 

輸送中の振動や夜間の気温差が良い刺激になって、たくさんの芽が出てくる可能性があります。

そのまますべてを生育させてもなんの問題もありませんが、あまり大きく育ちません。

あまりに密集して芽が出てきた場合は、隣接する芽の一方を摘み取ってください。

 

私どもの栽培現場では小指ほどの大きさになった段階で、かならず芽を摘み取る作業を行っています。

 

 


| 1/23PAGES | >>

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

表示中の記事

カテゴリー

バックナンバー

コメント

おすすめ商品

リンク

管理人プロフィール

記事検索

その他

モバイル

qrcode